保険料納付の要件

お金障害年金を受給するためにクリアしなければいけない要件として、保険料納付要件をあげることができます。初診日の前日に、その初診日に該当する月の2ヶ月前までの期間の3分の2以上が、会社員や公務員の配偶者であった期間を含む保険料を納付した期間にあてはまっているか、保険料の免除を受けていた期間にあてはまっていなければいけません。

わかりやすく説明すると、初診日までの被保険者であった期間中、3分の1より長い期間の保険料を違法に支払わないということをしていなければ問題ないということになります。実際に保険料の納付をしていた期間だけでなく、正式に保険料の免除を受けていた期間も、支払っていたものとして取り扱われる形になっています。

上記の要件に該当しなくても、2016年3月31日までに初診日がある方は、初診日の1日前に、その2ヶ月前までの1年間に保険料を違法に支払っていないということをしていなければ要件をクリアすることが可能です。なお、被保険者ではない未成年での病気やケガにより障害を負うことになった方の場合には、保険料納付要件は不問となっています。よく学生のころに保険料の滞納をする方がいますが、卒業直後に大事故で重度の障害を抱えることになっても保険料納付要件を満たすことができず、障害年金を受給できなくなってしまう原因となりますので、この場合は保険料の免除を申請することが重要です。


関連記事