障害認定日の要件

その人に障害年金を支給するかどうか。この判断には障害認定日が大きく関わることになります。障害認定日というのは、初診日を出発点として1年半が経った日または1年半が経つ前に症状が固定して、それ以上の治療効果が見込めない状態になった日のことを意味しています。このいずれかの日に一定以上の障害状態にあるかどうかが、障害年金を受給できるかどうかを左右することになるのです。

障害認定日に一定以上の障害状態にあると認められれば、その次の日から障害年金を受給できるようになります。これを障害認定日請求といって、仮に請求が遅れた場合でも、最長で5年間はさかのぼって受け取ることが可能です。なお、障害認定日には多くの例外があり、たとえば手足を切断してしまった方の場合は、切断した日が障害認定日となりますし、人工透析をおこなっている方は、人工透析をはじめて3ヶ月が経った日が障害認定日となるなど、状態によって日にちが定められているのです。

障害認定日に一定以上の障害状態にあてはまっていなかった方でも、65歳の誕生日の2日前までに症状に変化があってあてはまるようになれば、支払い対象になります。これを事後重症請求といいます。認められた場合には請求した次の月から障害年金の受取が可能です。なお、請求日までに障害状態にあてはまっていたとしても、さかのぼって支払いがおこなわれることがない点には気をつけなければいけません。


関連記事