障害年金とは

骨折障害年金は公的年金の一種であり、病気や事故のせいで障害を抱えることになった方に対し、国が年金の支払いをおこなう制度です。基本的に20~65歳までの方が受給できるものであり、日常生活や仕事に支障をきたしている方を対象に支給されることになる生活補助金です。障害年金の対象となる傷病はさまざまで、うつ病や統合失調症などの精神疾患、脳疾患、心疾患、ガン、手足の切断、骨折、人工関節や人工透析、ペースメーカーなどが対象となっています。

また、日本の公的年金制度は二階建てであり、一階が基礎年金(国民年金)で二階が厚生年金や共済年金です。先述のとおり、障害年金も公的年金制度の一つであるため、障害基礎年金のほか、障害厚生年金や障害共済年金があります。初診日の時点で国民年金だけに入っていたケースでは障害基礎年金だけになりますが、厚生年金や共済組合に入っていれば、同時に国民年金にも入っているわけですので、1・2級の場合は障害基礎年金と一緒に障害厚生年金や障害共済年金も支給される仕組みになっているのです。

なお、1・2級というのは障害等級のことで、数字が低いほど障害の度合いは重いと思っていただいてかまいません。障害基礎年金は1級と2級が、障害厚生年金は1級、2級のほかに3級があり、3級の場合は障害厚生年金のみの受給になります。障害基礎年金には子供に対して支払われる加給年金が、障害厚生年金は配偶者に対して支払われる加給年金もあります。


関連記事